アラブのお香専門店|From The GULF アラブのお香専門店:From The GULFでは、オーナーが自ら現地で厳選した、新しくも癖になるアラブのお香「Bukhoor(バフール/バクホーラ)」と香炉を取り扱っております。天然素材を使用し、雑味のない上質な香りが長く続きますので、おもてなしやリフレッシュなど、様々なシーンでお楽しみ頂けます。

コラム

かおり風景100選・北海道【釧路の霧】

かおり風景100選・北海道【釧路の霧】

釧路の海霧 冷涼な夏季に海霧が釧路地方の海岸地域の広い範囲で発生し、潮のかおりがする。 また、釧路湿原は国内最大の湿原で、国立公園、ラムサール条約登録湿地、特別天然記念物であるタンチョウの生息地である。 所在地は北海道釧路市、かおりの源は海霧、季節は6~8月です。 (環境省:https://www.env.go...

かおり風景100選・北海道③ 【登別と地獄谷】

かおり風景100選・北海道③ 【登別と地獄谷】

かおり100選とは? 2001年度に環境省が広く一般に呼びかけて選定し、紹介している全国各地の100事例です。 環境が嗅覚を通じて人に影響することについて、単に悪臭公害を防止することだけに着目するのではなく、日本の自然や伝統・文化に係わる「よいかおり」を保全することを通じて、環境の快適性を確保・創造することを目的と...

世界人口の25%はイスラム教徒である

世界人口の25%はイスラム教徒である

中東圏の文化 中東圏といえば、イスラーム文化との深い結びつきが挙げられます。   イスラム文化は、イスラム教信者(ムスリム)に共通する文化のことで、 7世紀にアラビア半島で誕生し、唯一絶対の神(アッラー)を信仰、文学は主にアラビア語やペルシア語で記述、美術はアッラーを題材としたもの、建築は礼拝堂モスク...

自然のみが創りだせる香りの謎【龍脳、藿香】

自然のみが創りだせる香りの謎【龍脳、藿香】

龍脳(りゅうのう)について 龍脳は、帯アジアに広く分布するフタバガキ科の常緑高木、龍脳樹という木からしみ出た樹脂が顆粒状に結晶化したものです。 幹の割れた中に自然と結晶化している天然の場合もありますが、希少品のため代用品が一般的です。 産地はスマトラ島、ボルネオ島、マレー半島などです。 成熟した高木ば高さ50~...

自然のみが創りだせる香りの謎 【桂皮、安息香、甘松】

自然のみが創りだせる香りの謎 【桂皮、安息香、甘松】

「桂皮」について 桂皮(けいひ)というよりも、「シナモン」といったほうが馴染みが深いかもしれません。 桂皮は、クスノキ科の植物の樹皮を乾燥させたもので、原産地は中国南部・ベトナム・スリランカといわれています。 日本、中国南部、ベトナム、スリランカなどの産地によって香りが異なりますが、とてもさわやかな香りが特徴です...

香りにまつわる物語 【マリリンモンローとNo.5】

香りにまつわる物語 【マリリンモンローとNo.5】

マリリンモンローと香水 香水の話題となると必ずといってよいほど引き合いに出されるのが、マリリン・モンローとシャネルの№5の話です。 マリリン・モンローは、ハリウッド女優という存在を超えた1つのシンボルであり、映画を良く知らない人でさえもその顔が瞬時に浮かんでくると思います。   マリリン・モンローとシ...

「匂いと臭い」「香りと薫り」意味が変わる?

「匂いと臭い」「香りと薫り」意味が変わる?

臭い・匂いの違いについて 同じ音を持つ言葉であっても、漢字にすると全く異なるものがあります。 例えば、「におい」。 同じニオイ表す言葉でも、「臭い・匂い」はニュアンスの違いによっての使い分けが複雑です。 明確なルールは良く分かりませんが、「臭い」は良くない香りやくさいものに用いられ、 「匂い」は良悪の感情を入...

チベットのお香

チベットのお香

チベット仏教とヒマラヤ ヒマラヤは、世界の屋根とよばれるエベレスト山(8850m)をはじめ、8000mを超える14の山、7200mを超える100以上の山で構成されます。 ブータン、ネパール、インド、チベット、パキスタンの5つの国に跨る山脈から、 ガンジス川、インダス川、黄河、長江などの大河の流域、 そして海に至...

かおり風景100選・北海道②【北見のハッカ】

かおり風景100選・北海道②【北見のハッカ】

2001年度に環境省が広く一般に呼びかけて選定し、紹介している全国各地の100事例です。 環境が嗅覚を通じて人に影響することについて、単に悪臭公害を防止することだけに着目するのではなく、日本の自然や伝統・文化に係わる「よいかおり」を保全することを通じて、環境の快適性を確保・創造することを目的としています。 環境省の...

香料のはなし① 丁子・八角

香料のはなし① 丁子・八角

「丁子」について その形状が釘に似ていることから丁子という名が付けられ、「クローブ」とも呼ばれています。 肉料理での肉の臭みを取る時やカレー、スープ、ソースなどのスパイスとして古くから有名で、強い甘い香りと舌にピリッとするような刺激味が特徴です。 丁子は、フトモモ科の常緑樹 Syzygiunm aromatica...

かおり風景100選・北海道①【富良野のラベンダー】

かおり風景100選・北海道①【富良野のラベンダー】

2001年度に環境省が広く一般に呼びかけて選定し、紹介している全国各地の100事例です。 環境が嗅覚を通じて人に影響することについて、単に悪臭公害を防止することだけに着目するのではなく、日本の自然や伝統・文化に係わる「よいかおり」を保全することを通じて、環境の快適性を確保・創造することを目的としています。 環境省の...

かおり風景100選【大切にしたい、香りのある風景】

かおり風景100選【大切にしたい、香りのある風景】

環境省の香りの取組み 「日本には、私たちにやすらぎやゲンキをあたえてくれるすばらしい景色がたくさんあります。そんな景色を体全体で感じるとき、そこには必ずすばらしいかおりがあると思いませんか?環境省は、そんなかおりのある風景をいつくしみ、守りつづけている地域の方々を心から応援したいと思っています。 そして、みなさまに...