アラビアンインセンス・アラブのお香専門店|From The GULF アラビアンインセンス・アラブのお香専門店:From The GULFでは、オーナーが自ら現地で厳選した、新しくも癖になるアラブのお香「Bukhoor(バフール/バクホーラ)」と香炉を取り扱っております。天然素材を使用し、雑味のない上質な香りが長く続きますので、おもてなしやリフレッシュなど、様々なシーンでお楽しみ頂けます。

「トラディション」ってどんなパン??

バケット?トラディション?

カタチは似ているけど、何が違うのだろう?

 

先日食べたパンが「トラディション」という名前で、

この由来が気になっていました。

ちょっと調べてみたのでご紹介。

 

 

「トラディション」は材料・製法ともに特別なバゲットのこと

 

原材料

バゲットの原材料である小麦からして違うのです。

「トラディション」用に、特別な製粉過程に沿って作られた小麦しか

使用できないそう。

専用の小麦以外を使ったバゲットは、

「トラディション」とはいえないのです。

 

製法

「トラディション」のバゲットは、

ある特別な規定に従って作られたものでしか、その名称を使えません。

この規定には、

どの段階でどの原料を入れて、この水を使用して、発酵をして…と

製造過程が細かく指定されています。

 

 

まず材料は、小麦粉、水、塩、パン用ふくらし粉、パン種のみ。

それから、パン作りの過程を最初から最後までお店でやること。

その過程で冷凍をしないこと。

最後に、添加物を一切使用しないこと。

これらはデクレという政令(法律の一種)によって義務付けられている

 

 

細かな規定のもとでしか作られない「トラディション」。

そもそもなぜ、このように定められた製法で作られるのだろうか…??

その理由は、バゲットの歴史にありました。

 

 

トラディション誕生の歴史とは?

フランスで昔から親しまれていたパンは、

「田舎パン」といわれるパンでした。

当時は手ごねで作られており、大量生産も不可。

 

時代が移ると、手ごねではなく機械で作られる、

また硬い食感ではなく柔らかいパンができるようになります。

 

柔らかい食感を出し、機械での製造をしやすくするために、

パンに添加物が加えられるように。

今まで時間と手間がかかっていたパンが、

長持ちでより短時間の製造が可能になりました。

 

作り手のパン職人もより作りやすく好都合な、

この柔らかい(添加物入りの)パンが市民に支持されるようになっていきます。

 

 

それに危機感を抱いたのが一部のパン職人さんたち。

添加物が入った、機械で作れるパンとは違う、

「昔ながらの製法で作られた伝統的なパンを残していく」

動きが起こります。

 

 

そのため、添加物を加えない、素材も作り方も細かく規定され、

「トラディション」が生み出されることになります。

 

 

 

きっと、この細かな規定には、

「昔ながらの製法で作られたパンの素晴らしさを知ってもらいたい!」

という、パン職人さんたちの想いが詰まっているのではないかなと、

感じています。

 

バゲット・トラディション

 

素材本来の力が詰まったパン。

添加物なし、製法にもこだわりがあるパンは

カラダも喜びそうです。

アラビアンインセンス・中東のお香専門店|From The GULF

アラビアンインセンス・アラブのお香専門店|From The GULF

アラビアンインセンス・中東のお香専門店:From The GULFでは、
オーナーが自ら現地で厳選した、
新しくも癖になるアラブのお香「Bukhoor(バフール/バクホーラ)」と
香炉を取り扱っております。
秘伝のレシピで作られたお香は上質な香りが長く続きますので、
おもてなしやリフレッシュなど、様々なシーンでお楽しみ頂けます。

屋号 From The GULF
住所 〒443-0104
愛知県蒲郡市形原町南名田7-2
営業日 平日
定休日:土・日・祝日、年末年始
(イレギュラーな休業日は随時お知らせいたします)
代表者名 鈴木 礼奈
E-mail info@fromthegulf.com

コメントは受け付けていません。

特集